毎年冬になると、全国で  約1万7000人もの人々がヒートショックで急死されています。



健康住宅とリフォーム みのや白木です。





家造りで失敗しない為の 情報を、お伝えします!


今回はヒートショックについて説明します。




毎年冬になると、全国で 
約1万7000人もの人々がヒートショックで急死されています。


ヒートショックとは?


ヒートショックとは、家の中の 急激な温度差が 
もたらす身体への悪影響のことです。
急激な温度変化により、血圧が大きく変動することで、
失神や心筋梗塞、脳梗塞などを起こすことがあります。

家庭内で 高齢者が死亡する原因の 4分の1を占める
「ヒートショック」年間1万人以上  
(平成25年中の交通事故死 4,373人)


さらに病死と判断されている方も多く、実際の数は 
もっと多いと考えられています。
少なくとも交通事故の2倍の死亡数であり、大きな問題です。
浴槽内 溺死の8割以上は高齢者であり、その最大の
原因と考えられています。




住宅の暖かさに不満を感じている


暖差リスク予防委員会が、2014年10月に インターネットで
行ったアンケートによると、約半数が 冬の住宅の暖かさに
不満を持っている。なんと、46.2%と 約半数が「やや不満」
「不満」と回答しています!




さらに暖房をつけても 部屋が寒い、暖房をつけた後、
部屋が暖まるのに 時間がかかると続きます。
やはり全国調査でも、脱衣所、浴室などを寒い場所と 
感じているようです。




入浴時には服を脱ぐことで寒さが増し、体内では熱が
逃げないように皮膚表面の血管を縮めるため、
血圧が上昇します。湯船で温まりますが、この時に
身体を温めるため、皮膚の血管が広がり血液を温めます。
しかし血管が広がることで血圧が急激に低下します。


この急激な血圧変化が重大な病気を起こします。
最悪の場合命を落とす場合もあり、
高齢者が自宅で亡くなる大きな原因となっています。




世界基準でみた エコ住宅を考える






先進国では、24℃ぐらいに設定して、家の中を 
全館暖房しています。
無暖房の状態でも室温が18℃を下回らないような
基準になっています。




それに対して日本ではリビングを 暖房で20℃程度を
保とうとしますが、脱衣場などの非暖房室は外気温に
左右されて、10℃以下しか ないような状況を我慢して
暮らしています。




これが他の先進国に比べて、ヒートショックで亡くなる人が
多い原因になっているのです。
「日本以外の先進国では、全館冷暖房が基準になっています」






住宅性能の低い家が ヒートショックの理由




ヒートショックを防止するには「家の中で 温度差が出来る
だけない状態を作る」ことがとても重要です。
そして、他の先進国と同様「全館冷暖房」が 
体に負担の少ない環境づくりのベースになることも
分かりました。  


                
minoyaが全館冷暖房をお勧めする理由の一つです。      
魔法瓶のような 家造りが大切です。   
           
家族が 健康で快適に 暮らせることが一番です!



最後にヒートショックによる 事故を未然に防ぐには?


冬場の入浴時の事故を未然に防ぐためには、


居間と脱衣所と浴室の温度差を できるだけ
小さくしておくことが大切です。  
また、ぬるめの湯加減でじんわり体を温めるのがいいようです。




1. 脱衣所に暖房器具を置くなどして、入浴前に脱衣所を
    暖かくしておく  居室と脱衣所との温度差をなくす。


2. 浴槽のふたを開けたり、服を脱ぐ前に浴室の床や壁に
     温かいシャワーをまくなどして、浴室を暖めておく 
    脱衣所と浴室との温度差をなくす。


3. 湯船に入る前に、手や足といった末端の部分から 
    かけ湯をして、徐々に体を温めていく 
    ぬるめの湯で じんわり 体を温める。


4. いきなり肩まで湯船に沈めずに、足からゆっくりと入り、
    徐々に肩まで沈めていく


5. 入浴時間は、ほんのり汗ばむ程度にする


6. 湯船から出る際は、急に立ち上がらずに 
               ゆっくりと立ち上がり、湯船から出る


7. 飲酒後の入浴は避ける
8. 入浴の 前後には コップ1杯程度の水分を補給する




 今回は、ヒートショックについて説明しました。

全館空調の家 三重県

シックハウスになる家 結露は家の病気です。 健康住宅とリフォーム 三重県 鈴鹿市 ミノヤ白木です。


健康住宅とリフォーム みのや白木です。


寒くなってきました。 
窓ガラスに結露が発生していませんか?
実は壁の中も同じように結露します。


調湿制の無い断熱材が採用されているため
結露水が原因でカビ、ダニが発生してしまいます。
木材は腐朽菌が発生して腐ります。


アレルゲンが室内に浮遊します。
カビの匂いが部屋の匂いです。

芳香剤が何であんなに売れているのでしょうか?


結露が原因でシックハウスになります。
ほかにもVOC発生の問題もあります。


この問題を解決するには、調湿性能のある
断熱材を使用すること。

調湿性能の無い断熱材は使わないこと。

下の写真は業界誌での警告です。
一般の方は知りません。
本当のことが知らされていません。
石油化学製品の断熱材を家中に覆い被せること。
永く快適に暮らせるでしょうか?


アメリカで普及している自然素材の
セルロースファイバースファイバー
断熱材をお勧めします。


新築・リフォームには最適な断熱材です。


詳しくはご来店くださいネ~
シックハウス

シックハウスになる家

ヒートショックには注意しましょう





健康住宅とリフォーム みのや白木です。




大寒波の影響で日本中大変な影響を受けました。


自然のことなのでどうにもなりませんが、風邪などひかぬように


気をつけたいですね~




冬に注意すること、ヒートショック!


ヒートショックでお亡くなりになる方が1.7万人も!


交通事故より多いです。




室内の温度座が原因です。


高断熱にリフォームすることも大切です。


新築は高断熱の家づくりで健康住宅に取り組みます。






鈴鹿市注文住宅 ヒートショック

鈴鹿市注文住宅 ヒートショック


シックハウス症候群が増えている理由




自然派住宅とリフォーム みのや白木です。



病気になる原因が家にあるなんて思いませんよね、、、

昔からシックハウスがあったわけではありません。

工業化された家づくりで建設され始めてから
シックハウスになる方々が増えてきました。

問題はVOCです。建材に採用されている
接着剤など揮発して住んでいる家の空気に混ざります。

息をしているだけでシックハウスになりました。
最近は少し改善されてきてはいますが、、、少しです。


一番大きな問題は目では見えない壁の中に
カビ・ダニが発生することです。
部屋の中にアレルゲンが発生しています。

それは湿気大国なのに調湿性のない断熱材が
採用されている為に結露した水が壁の中で蒸さり、
カビ・ダニの発生のもとになっているからです。

今でも調湿性のない断熱材が普通に採用されています。
理由はコストのみ。安いからです。


昔の土壁の様に調湿性のある断熱材を採用すれば
壁の中が結露することはありません。

当然、カビ・ダニの発生もありません。
そんな調湿性のある断熱材がセルロースファイバーです。
アメリカではセルロースファイバーが最も断熱材として
採用されています。

日本ではこだわりの工務店しか採用されていません。

みのやでは新築・リフォームにもセルロースファイバーを
お勧めしています。

詳しくはハンター店にご来店ください。
説明させていただきます。

5分半のビデオでも簡単に説明しています
ので一度ご確認ください。 鈴鹿弁ですが(笑)
シックハウス
ありがとうございました。

セルロースファイバーを使用した家づくり

自然派住宅 みのや白木です。




湿気大国の日本では湿気をコントロールできる
断熱材が必要です。




セルロースファイバーをお勧めしている理由は、
調湿性・防音性・防虫性・耐火性・断熱性能が
優れているからです。




アメリカで断熱材として採用率が
1番というのも理解できます。


日本では大手は採用していません。
理由はコストと手間がかかることです。 
解りやすいですね。




本当に住まい手に取って良いことなのに
利益優先なのでしょうか、、、、




セルロースファイバーの日本での採用率は2%。
こだわりの工務店しか取扱いしていません。




私共はセルロースファイバーの中でも
アメリカのインサイドPCを採用しています。
理由は安全性が高い点です。




使用されているホウ酸がボロン10というもので
塩の6倍安全とされているものです。




安心・安全・健康に暮らせる家造りには
シックハウスの原因の元である
壁内結露をなくすことが一番大切です。


セルロースファイバーを研究してください。

セルロースファイバーの家造り 三重県みのや
セルロースファイバーの家造り 三重県みのや
フィスブックで推薦していただきました。
ありがとうございます。

家を建ててから後悔したくない方は







自然派住宅 みのや白木です。




家造りは夢が広がる楽しいものですね。


建ててから知らなかった、、、、と後悔することは避けてほしいです。




現状、日本の家の寿命は26年、シックハウス症候群の方は増えている、
ヒートショックで1.7万人の方がお亡くなりになっている。
そんな断熱材が今でも変わらず使用されています。
大手新築住宅メーカーは実はリフォームの売り上げもトップクラス、
それは10年でメンテナンスが発生する家だから。


こんな家では家族が快適に健康で暮らすことは難しいですね。


本当に快適な家とは、夏涼しく冬は暖かく、静かで、
空気がおいしい健康増進の家だと思います。


シックハウスになる理由は明らかですが、
実はあまり改善はされていません。
工業化された建材で家を造る。調湿性の無い
断熱材が壁の中に入っている。


結露したら結露水がそのままで木材の腐朽が進みます。
目で普段確認できませんからね、、、
結果、カビダニの発生でシックハウスになってしまう。


見た目のきれいさだけではなく健康で快適に暮らせる家とは
日本の風土に適した家造りが基本だと考えています。


詳しい資料はご用意していますのでお気軽にお問い合わせください。


今週末の1/24土25日の1時30分~18時
コンセプトプラン発表会を開催していますので
お気軽にみのや鈴鹿ハンター店にご来店ください。 
白木が対応させていただきます。




家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや セルロースファイバー

家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや セルロースファイバー

家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや セルロースファイバー

家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや セルロースファイバー

家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや セルロースファイバー

家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや

家造りで後悔しない 自然素材の家 みのや
ありがとうございました。


住宅建築最適な時期







自然素材の家 みのや白木です。




住宅ローンの金利が異常なくらいに低く設定されてています。


これは支払総額が低く購入できるということです。


フラット35の固定金利が1.4%ですからびっくりです。
異常な数値でありますから普通に戻る可能性はあります。


5年ほど前は3%でしたからネ。


3%前後に戻る可能性は十分考えられます。




今購入するのと3年後購入するのとどれくらいの違いが出るのか
住宅ローンの総支払金額が違うのか少し計算してみましょう。


下記の例の場合3年後に建てる方は1651万円損することになります。
 同じ建物であっても、、、、




マイホーム建築は・・・・今でしょう!ネ


新築住宅 三重県

自然素材の家 30坪

自然素材の家 30坪間取りプラン
自然素材の家 30坪間取りプラン




ありがとうございました。

自然素材・全館空調の家


自然派住宅 みのや白木です。


1月末より着工の自然素材・全館空調の家が四日市で始まります。

冬は家じゅうの温度が一定で本当に快適に暮らせる住まいになります。

断熱材にこだわり内断熱にはセルロースファイバー(インサイドPC)
外断熱はネオポールに遮熱塗り壁のトリプル断熱仕様です。

魔法瓶のように冬は暖かく、夏はすずしく快適に
暮らせる健康増進住宅です。

シックハウスの問題である壁内結露がほぼ起きないため
カビ・ダニが発生しません。

セルロースファイバーの防音効果によりたいへん静かに暮らせます。

もちろん低燃費な住宅です。

着工が待ち遠しいですね!


新春コンセプトプラン・・・・特別価格にてご提案しています。

自然素材の家 三重県みのや

ご契約ありがとうございました。

自然派住宅 みのや白木です。




本日は四日市F様ご契約ありがとうございました。


数多くあるビルダーの中から選んでいただいて本当に感謝です。
スタッフ協力会一同、良い家造りに取り組みますので
どうぞよろしくお願いいたします。




なんで「みのや」を選んで頂いたのかお聞きしました。
家造りでいろいろ廻って検討していた時に断熱材への
こだわりがあったそうです。


「夏涼しく、冬暖かい、この当たり前のことが実現できる家造り。
全館空調の家。木の家は気持ち良いので出来たら自然素材と
考えていた。」


そうだったんですね、、、、さすがです!




みのやでは断熱材は特にこだわっています。
日本の風土に適した呼吸する断熱材しか認めません。


調湿しなければ゛壁の中で結露して腐朽、かび・ダニの
発生そしてシックハウスになるからです。




そんな理由からアメリカで採用率№1のセルロースファイバーを
採用しています。土壁にかわる優れた断熱材です。


またインサイドPCセルロースファイバーは安全性でも
世界一の製品です。
日本全国の工務店に指導と卸販売も進めています。




お施主様にとってより良い家造りを広めて
いきたいと改めて思いました。




今週末は完成見学会が開催されます。


ぜひ見学会にご参加くださいね~







自然素材の完成見学会




OB様 見学会


間取り プランニング相談会


日本の家造りの問題は間違った断熱材を使用していること

自然派住宅 みのや白木です。 

日本の家造りの問題点は断熱材です。

高温多湿な日本で調湿作用のない断熱材が採用されています。
ここが一番の問題です。

そして断熱されているのか疑問な社会問題も発生しています。

それはヒートショックにより年間1.7万人もの方が
お亡くなりになっています。

家の中の温度差が原因で倒れられるのです。

未遂も含めると数十万人の方がヒートショックにより
健康を害されている事実。

過去に家造りに携わった大手建築業界の問題だと思います。

アメリカで一番普及している断熱材は調湿効果があります。
セルロースファイバーです。

土壁のように呼吸しますので是非採用していただきたい
断熱材です。

30坪の家でグラスウールの施工コストは15万円前後です。


セルロースファイバーは60万円~と3倍の高コストですが、


毎日のランニングコスト、体感の良さなど比べ物になりません。

グラスウール家一軒分の重さはぜいぜい50キロ、


セルロースファイバーは1200キロ使用します。

重さの15%ほどの調湿効果がありますので
約ドラム缶1本分の調湿効果があります。

結露は家の病気です。  

なんでセルロースファイバーを採用しないのか不思議です!

また同じセルロースファイバーでもアメリカの
インサイドPCが安全性が一番と評判です。
世界53国に流通している優れものです。

ヒートショック

もうすぐ完成

自然派住宅 みのや白木です。 

今週で大工工事も完了予定の現場です。

 本日外部足場が解体予定なので塗り壁の
外観が姿を現します。

来週~室内塗り壁工事がはじまります。
 もうすぐ完成楽しみです。

マイクロバブルトルネード 

自然派住宅 みのや白木です。 

昨日はみのや本社にて「マイクロバブルトルネード」の実演でもストレーションをしていただきました。ありがとうございます。

3ミクロンの泡をつくりだし、入浴するだけで毛穴からの汚れを洗ってくれる優れものです。

エステが自宅のお風呂にある、、、、そんな感じです。

水槽に片方の手を3分入れて取り出すとツルツルになっていました。

毛穴からきれいにしっとりと、片方の手と比べると更に白い手になっていました。

そんなマイクロバブルトルネード体感会を企画しますので
一度体感してくださいね!

新築・リフォームの際ユニットバスに設置します。

断熱材が家造りの命

自然派住宅 みのや白木です。

セルロースファイバー断熱材は日本の土壁と同じく
調湿作用がある断熱材です。他の石油化学製品の
断熱材は調湿作用がありません。

壁の中が結露する日本の家造りでは、壁内結露が
原因で壁内が腐朽します。

そしてカビ・ダニが発生した結果シックハウスという

アレルギー問題になっている現実です。

そんなことが解っているのに未だに調湿性のない
断熱材をなぜ使用しているのか、、、、





本当のところはなんでしょうか、、、

それはコストが低く施工できることが一番です。

2000万円くらいで購入する家の断熱材に
15万円~30万円ほどしか予算をかけていない家と
60万円~80万円かけて断熱した家とどちらがいいでしょうか。

結果ヒートショックで1.7万人もお亡くなりになっている事実。
未遂含めると数十万人の方が温度差のある家のせいで
病気になられています。



家造りで一番大切なこと。健康で快適に暮らせる

家造りを基本として考えてみませんか。

健康で快適に 暮らせる家

自然派住宅 みのや白木です。 

 気持ちの良い日曜日の朝ですね。

家づくりをお考えの多くの方に
来店ご相談させていただいています。

消費税増税と住宅ローンの低金利の今、
たしかにマイホーム建築の良いタイミングだと考えます。



そんな中で家づくりのポイントは、健康で快適に
暮らせる家づくりです。

そのためのポイントは、呼吸する家であること。
湿気をコントロールできる構造の家づくりが大切です。


壁内の湿気対策がなされていないと結露が発生して
壁内が腐朽します。カビの発生、ダニの発生で
シックハウスになってしまいます。


健康に暮らせないわけですね。この状態は家が病気状態。


どうしたらよいのか、昔は土壁で湿気をコントロールしていました。


今はグラスウール・発泡ウレタン(調湿作用はありません。)
将来解体の際には産業廃棄物としてすべて発泡ウレタンを
剥がさなくてはいけません。



みのやでは断熱材にこだわります。調湿する断熱材
「セルロースファイバー」を採用しています。

その中でもアメリカのインサイドPCを採用しています。
使用されているホウ酸の安全性が高い製品だからです。
セルロースファイバーはリサイクルできます。


断熱材のこだわりで夏涼しく、冬暖かく、ランニングコストが
低く暮らせる家造りが実現されます。

もちろん健康で快適に家族が暮らせます。

こんな家づくり いかがでしょうか~。

白い外壁塗り壁がお洒落です。

自然派住宅 みのや白木です。 

もうすぐ完成予定の外壁塗り壁が完成しました。

やはりサイディングとは趣が全然違いますネ。

セルロースファイバー内断熱にEPS外断熱+
遮熱塗り壁のトリプル断熱のこだわりです。
 快適な住み心地です。

来週の足場解体が楽しみです。 


内部もかなりこだわっていますよ~、、、、