健康で快適に 暮らせる家

自然派住宅 みのや白木です。 

 気持ちの良い日曜日の朝ですね。

家づくりをお考えの多くの方に
来店ご相談させていただいています。

消費税増税と住宅ローンの低金利の今、
たしかにマイホーム建築の良いタイミングだと考えます。



そんな中で家づくりのポイントは、健康で快適に
暮らせる家づくりです。

そのためのポイントは、呼吸する家であること。
湿気をコントロールできる構造の家づくりが大切です。


壁内の湿気対策がなされていないと結露が発生して
壁内が腐朽します。カビの発生、ダニの発生で
シックハウスになってしまいます。


健康に暮らせないわけですね。この状態は家が病気状態。


どうしたらよいのか、昔は土壁で湿気をコントロールしていました。


今はグラスウール・発泡ウレタン(調湿作用はありません。)
将来解体の際には産業廃棄物としてすべて発泡ウレタンを
剥がさなくてはいけません。



みのやでは断熱材にこだわります。調湿する断熱材
「セルロースファイバー」を採用しています。

その中でもアメリカのインサイドPCを採用しています。
使用されているホウ酸の安全性が高い製品だからです。
セルロースファイバーはリサイクルできます。


断熱材のこだわりで夏涼しく、冬暖かく、ランニングコストが
低く暮らせる家造りが実現されます。

もちろん健康で快適に家族が暮らせます。

こんな家づくり いかがでしょうか~。

白い外壁塗り壁がお洒落です。

自然派住宅 みのや白木です。 

もうすぐ完成予定の外壁塗り壁が完成しました。

やはりサイディングとは趣が全然違いますネ。

セルロースファイバー内断熱にEPS外断熱+
遮熱塗り壁のトリプル断熱のこだわりです。
 快適な住み心地です。

来週の足場解体が楽しみです。 


内部もかなりこだわっていますよ~、、、、

埋炭の効果を測定しました。イヤシロチに変化!

自然派住宅 みのや白木です。

 埋炭効果の報告です。 

2014年9月9日に埋炭を施工しました。

その時の様子はコチラ 

地中電圧を測定することで土地の情報を知ることができます。
今回のようにリフォームでの対応も可能です。
もちろん新築時に施工することが大切です。


お気軽に白木までお問い合わせください。
先着3名様には無料にて測定させていただきます。


0120-818-190まで


測定数値





今日の測定値は平均373㎜V 前回は130㎜V 

1か月でなんと約3倍の値に変化しました。
半年ほどで安定します。半径30メートルの土地が変化します。
向こう三軒両隣が良くなります。

マイナスイオンが地中から地面上に発生している値です。

地中電位が低い土地の場合は住んでいる人が疲れ
やすくなります。酸化しやすい状態です。

データーで確認できるんです。信頼できますネ。

イヤシロチのようなパワーのある土地に改善できます。

快適な空間となり、マイナスイオンで還元されます。
 健康増進などいろんな効果が期待されています。

楽しみです~

 老化の元であるといわれている活性酸素が
マイナスイオンにより、活性酸素に電子を与える
ことでただの酸素になったり,ただの水になったりして、
活性酸素を消すことができ、体内の酸化や炎症を
取り除く事になります。

①.血液の浄化作用
  血液を浄化するとともに、血液の弱アルカリ化を進めます。


②.細胞の臓活作用
  細胞の新陳代謝を活発にし、筋肉の活性を高め、

  内蔵を健康にします。

③.抵抗力の増進作用
  血液中のガンマグロブリンを増やし、からだの抵抗力

  免疫力を高めます。

④.自律神経の調整作用
  自律神経の機能を向上させ、内分泌作用や造血作用を

  亢進します。

  マイナスイオンには4つの作用がある事が知られています。

過去の事例

サイディング外壁材

自然素材の家 みのや白木です。

家の外壁について

 今日本で一番使用されている外壁材である『サイディング』
 

多くはコンクリートで出来ていて、今でもハウスメーカーを
始めとした多くの住宅の外壁に使われていますが、
これが曲者なのです。

みなさんは、真夏の炎天下にあるコンクリートを素手で
触ったことがあるでしょうか。

反射的に手をひっこめてしまうぐらい熱くなっていることを

ご存知の方も多いと思います。

逆に、冬場のコンクリートは寒くて触ってられません。
思わず手がくっついてしまうような感覚にさえなります。

このように、コンクリートは『熱を伝えやすい』という
性質を持っています。

これが外壁に使われていたらどうなるか?


夏・・・。

太陽の熱によって猛烈にあたためられた
コンクリート製のサイディング。

室内ではエアコンを使って空気を冷やす。

すると、その境界線で温度差による『結露』が起こります。

夏場にガラスのコップに着くのが結露ですが、
あれが建物の「壁の中」で起こるとお考えください。

グラスウールなどの質の悪い断熱材を使ってる場合は、
断熱材の中で結露を起こしてしまい、木の柱や土台
といった構造材をも腐らせてしまうのです。

木が腐るとどうなるか。
シロアリがわき、カビが生え、それが室内に侵入して

新たなシックハウスの原因となってしまいます。


またサイディングは雨を非常に通しやすい構造です。
特にサイディング同士の接合部の隙間を埋める

ために使われる「コーキング」は経年劣化が激しく、
10年も経たないうちにボロボロになって雨水の
侵入を許してしまうのです。

日本の住宅の寿命を縮めた大きな原因がこの
『サイディング』にあると言われているにも関わらず、
未だに多くの住宅で使われているのが現状です。

ですので、10年に1回かならず外壁塗装工事が
必要になります。 


施工費100万円~150万円、、、


全国のリフォームの売り上げトップ10はハウスメーカーです。
10年に一回メンテナンスが必要な家造りをしているからです。

いかがでしょうか。