平屋の家 三重県鈴鹿市 基礎工事順調に進んでいます。

自然素材・全館空調の家 みのや白木です。

鈴鹿市旭が丘の家 
平屋スタイルの基礎工事が順調に進んでいます。
埋炭も埋設しました。イヤシロチの家
来月は上棟です。 楽しみですね~!

鈴鹿市 平屋の家 自然素材
鈴鹿市 平屋の家 自然素材
鈴鹿市 平屋の家 自然素材


業者会+懇親会 三重県みのや協力会

自然素材・全館空調の家 三重県みのや白木です。

昨夜は「みのや協力会」の会合と懇親会を開催しました。
鈴鹿市白子の「とみや」さんにて

チームワークを深めると共にいろいろ情報交換が出来ました。
安全作業で丁寧な家づくり、皆で取り組みます。

「とみや」さんありがとうございました。
 https://goo.gl/maps/eZxsb1xkbZv

みのや協力会 三重県自然素材の家
みのや協力会 三重県自然素材の家

みのや協力会 三重県自然素材の家

みのや協力会 三重県自然素材の家

みのや協力会 三重県自然素材の家

新築の最新の防水方法は防水塗料を外壁に 塗って仕上げる工法です。 もちろん透湿性能もあります。


健康住宅とリフォーム みのや 白木です。


鈴鹿市にて建築中の全館空調・自然素材の家


防水工事について


日本で一般的なのが外部に防水シートを貼ります。
その工法も丁寧に施工されていれば問題ありませんが
施工が悪いと、雨漏れの原因になることもあります。


今回の防水方法は、防水塗料を外壁に
塗って仕上げる工法です。
もちろん透湿性能もあります。
気密性能がアップしますが透湿性能もあり
呼吸する壁構造です。 日本の風土に適しています。


ジョイントテープで窓周りや、耐力壁の
ダイライトのつなぎ目などを
処理して、2度塗り仕上げで完成です。

外壁部で気密性能もアップします。
雨漏れ対策としても防水シートを貼る
工法より優れています。

こだわりの自然素材・健康住宅の「みのや」では
見えないところが大切なのでトコトンこだわります。


段ボールにこの塗料を塗ると水槽になります。

家造りをお考えの方はご相談お待ちしています。

防水塗料 三重県 鈴鹿市

防水塗料 三重県 鈴鹿市

防水塗料 三重県 鈴鹿市

スミの効果(炭素」 環境改善にとても良いようです。 家造りに生かしています。三重県注文住宅みのやの家



健康住宅とリフォーム みのや白木です。




炭の効果について少し紹介します。
まずは「和」について
お部屋の調湿、脱臭効果、室内環境を改善します。


昔から炭はいろんなところで活用されています。


みのやでは積極的に活用しています。

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市
埋炭

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市
和の測定結果
炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

炭の家 注文住宅三重県鈴鹿市

「和」の販売もしていますので、
お気軽にお問い合わせくださいネ~

仕上げ工事が始まりました。

自然派住宅 Live+Design みのや白木です。




自然派住宅・セルロースファイバー断熱材・
オールアース仕様の可愛いこだわりのお宅がもうすぐ完成です。

家造りの基本は調湿作用のある断熱材を使用することです。
高温多湿な日本では湿気をコントロールしないと目には見えない
壁内がむさり腐ります。そしてカビダニが発生してシックハウスに。


自然派住宅Live+Designはそんな心配がなく健康で
快適に暮らすことができますので安心です。

楽しみになってきました~

造りつけのテレビボード

無垢のフローリング

マイクロバブルトルネード 

自然派住宅 みのや白木です。 

昨日はみのや本社にて「マイクロバブルトルネード」の実演でもストレーションをしていただきました。ありがとうございます。

3ミクロンの泡をつくりだし、入浴するだけで毛穴からの汚れを洗ってくれる優れものです。

エステが自宅のお風呂にある、、、、そんな感じです。

水槽に片方の手を3分入れて取り出すとツルツルになっていました。

毛穴からきれいにしっとりと、片方の手と比べると更に白い手になっていました。

そんなマイクロバブルトルネード体感会を企画しますので
一度体感してくださいね!

新築・リフォームの際ユニットバスに設置します。

断熱材が家造りの命

自然派住宅 みのや白木です。

セルロースファイバー断熱材は日本の土壁と同じく
調湿作用がある断熱材です。他の石油化学製品の
断熱材は調湿作用がありません。

壁の中が結露する日本の家造りでは、壁内結露が
原因で壁内が腐朽します。

そしてカビ・ダニが発生した結果シックハウスという

アレルギー問題になっている現実です。

そんなことが解っているのに未だに調湿性のない
断熱材をなぜ使用しているのか、、、、





本当のところはなんでしょうか、、、

それはコストが低く施工できることが一番です。

2000万円くらいで購入する家の断熱材に
15万円~30万円ほどしか予算をかけていない家と
60万円~80万円かけて断熱した家とどちらがいいでしょうか。

結果ヒートショックで1.7万人もお亡くなりになっている事実。
未遂含めると数十万人の方が温度差のある家のせいで
病気になられています。



家造りで一番大切なこと。健康で快適に暮らせる

家造りを基本として考えてみませんか。

ダリア・コスモスまつり

自然派住宅 みのや白木です。

 先日、なばなの里にいってきました。 
本当にきれいです。気持よかったです。 

 帰りは温泉と地ビールをいただきました。 
 

サイディング外壁材

自然素材の家 みのや白木です。

家の外壁について

 今日本で一番使用されている外壁材である『サイディング』
 

多くはコンクリートで出来ていて、今でもハウスメーカーを
始めとした多くの住宅の外壁に使われていますが、
これが曲者なのです。

みなさんは、真夏の炎天下にあるコンクリートを素手で
触ったことがあるでしょうか。

反射的に手をひっこめてしまうぐらい熱くなっていることを

ご存知の方も多いと思います。

逆に、冬場のコンクリートは寒くて触ってられません。
思わず手がくっついてしまうような感覚にさえなります。

このように、コンクリートは『熱を伝えやすい』という
性質を持っています。

これが外壁に使われていたらどうなるか?


夏・・・。

太陽の熱によって猛烈にあたためられた
コンクリート製のサイディング。

室内ではエアコンを使って空気を冷やす。

すると、その境界線で温度差による『結露』が起こります。

夏場にガラスのコップに着くのが結露ですが、
あれが建物の「壁の中」で起こるとお考えください。

グラスウールなどの質の悪い断熱材を使ってる場合は、
断熱材の中で結露を起こしてしまい、木の柱や土台
といった構造材をも腐らせてしまうのです。

木が腐るとどうなるか。
シロアリがわき、カビが生え、それが室内に侵入して

新たなシックハウスの原因となってしまいます。


またサイディングは雨を非常に通しやすい構造です。
特にサイディング同士の接合部の隙間を埋める

ために使われる「コーキング」は経年劣化が激しく、
10年も経たないうちにボロボロになって雨水の
侵入を許してしまうのです。

日本の住宅の寿命を縮めた大きな原因がこの
『サイディング』にあると言われているにも関わらず、
未だに多くの住宅で使われているのが現状です。

ですので、10年に1回かならず外壁塗装工事が
必要になります。 


施工費100万円~150万円、、、


全国のリフォームの売り上げトップ10はハウスメーカーです。
10年に一回メンテナンスが必要な家造りをしているからです。

いかがでしょうか。


本当のこと

自然派住宅 みのや白木です。




なかなか本当のことが知らされないですね。


たとえばエコな生活をするために太陽光発電、蓄電池
エコなエンジンの車、これって本当に環境に良いのでしょうか。

 自動販売機を禁止する、24時間のコンビニ営業を規制する
 機械設備に頼る家ではなく、家本体の断熱性を持たせるなど、、、 

他に方法があるはず、、、

朝から夜までテレビCMで洗脳されています。

ホラあなたも

タンスに ・・・ ○○ 


スカッとさわやか・・・○○○○○


脳みそに刻まれてます。


さぁー今日も顔晴っていきますか~

季節の変わり目





自然派住宅 みのや白木です。







季節の変わり目ということもあってか、
最近はゲリラ豪雨や集中豪雨のニュースが絶えませんね。

豪雨による二次災害も発生しており、
このように日本国内で報じられる天災による事故を耳にすると
決して他人事とは思えません。。

モバイルリサーチが20~59歳の2000人を対象に行った
『防災都市づくりに関する意識調査』によると、
<最近1年間で不安を感じた自然災害>について、

・地震…76.5%
・ゲリラ豪雨/集中豪雨…58.7%
・落雷…41.9%
・台風…39.5%
・猛暑…37.0%

という結果になりました。

<住宅選びの際に防災面では何を意識するか>については、

・耐震性に優れた住宅を選ぶ…77.5%
・耐火性優れた住宅を選ぶ…70.9%
・地盤の固い地域に住む…61.0%

となっています。

このように、まだまだ3.11の印象は色濃く、
両調査結果とも“地震”に関わる項目が上位を占めているようです。

確かに地震大国である日本ですが、
最近は<豪雨・落雷・台風>による被害が目立つように感じます。

山間部・都市部・沿岸部…
住む地域によって、どんな災害へ備えれば良いのか、
どんな被害が想定できるのかは変わります。

ご自身の住む地域・住もうかと考えている地域では、
何に注意が必要か…?
是非改めて考えてみてください。
 
自然素材の家 三重県みのや
 

自然派住宅 参考動画 ユーチューブにアップしました。

自然派住宅 みのや白木です。




家造りをお考えの方には参考になる動画を用意しました。

ご確認くださいね!


自然素材+αのオールアース住宅で もっと健康的な暮らしを

自然派住宅 みのや白木です。

自然素材+αのオールアース住宅で
           
           もっと健康的な暮らしを






オールアース住宅とは?



オールアース住宅とは、建物から発生する電磁波(電場)を、
導電性シートを使ってカットした住宅のことです。
 


家から出ている電磁波に気付いてください


パソコンや携帯電話から電磁波が出ていることは、
みなさんご存知のとおりです。

しかし、電磁波の発生源
は、もっと身近で見えない

ところにもあるのです。それが「家」です。

住まいから電磁波が発生しているということを、
ぜひ知ってください。しかも、昔の家よ
りも新しい

家のほうが電磁波が強くなっているのです。



一般家庭の電気使用量は、わずか40年で
5倍以上になりました。電気をたくさん使うために、
建物も変化し
ています。

建物の内部には、外の電柱から各部屋へ電気を
運ぶための屋内配線が通っています。

家電製品のプラグをコンセントに差し込むと
電気が使えますが、
このコンセントの先(壁の内側)

から配線が通っています。



屋内配線は室内の壁のなかを縦横無尽に
張り巡らされています。室内は、まるで電気コードの
鳥かごのよう。

25年前は2階建ての住居1軒あたりで150mほど
しか使われていませんでしたが、今はなんと1,000m以上、
約7倍の量のコードが使われているのです。
 



屋内配線から発生する電磁波



床下や壁の内側を通る屋内配線からは、電磁波が
発生しています。電化製品の場合、電磁波はコンセントに

し込んでいるときしか発生しませんが、屋内配線の

場合は一日中ずっと発生し続けています。

家にいる限り、電磁波に囲まれている状況に
なりかねないのが、現
代の住まい。

屋内配線はブレーカーを落とさない限り常に
電圧がかかっているため、配線が重なった場所からは
特に強い電磁波が発生しています。
 




アースで電場をカットする「オールアース住宅」



電磁波のうち「電場」はアースでカットすることができます。

電化製品ならば、アース付コンセントで電場が 
カットされていますので、パソコンを使うときなどは
アースをすることをおすすめします。

では、パソコンと同じように電場が発生する家
(屋内配線)はどうす
ればアースができるでしょうか? 

それを実現したのがオールアース住宅です。

 


オールアース住宅は、屋内配線からの電磁波(電場)を
アースすることによりカットし、健やかな住まいづくりを
実現しました。

今の暮らしの便利さはそのままに、余分なものだけを
取り除くことができたら――そんな想いから生まれた住まいです。

家族を健康で幸せにする家づくり






自然派住宅 みのや白木です。


9月1日になりました。時間がたつのがとても早く感じます。
また少しづづ過ごしやすくなります!今月も顔晴っていきましょう!

家は、人生の大半を過ごすところです。くつろぎ、いやされ、英気を養える場所でなければなりません。

自然の風に触れ、光を浴び、自然の音を聞くと気分が良くなりますネ。

ご存知ですか!工業化された住宅寿命は26年。(国土交通省)
住宅ローンは35年!

工業化された建材で家をつくると大量のVOCにより
シックハウスの原因にも、、、、

家づくりをお考えなら自然派住宅をお勧めします。
健康と活力、心の豊かさと喜びが感じられる本物住宅です。

自然派住宅についてご興味ある方は、お気軽にご相談くださいネ。