基礎にチャコペイント塗布しました。(炭塗料)外断熱の基礎。 三重県鈴鹿市みのやの家

家庭用エアコン1台で快適に暮らせる自然素材の家 三重県みのや 白木です。

基礎外断熱、完了しました。
外側に60㎜の厚みのある断熱材を採用しています。

基礎の中も室内と同じ環境にします。
そこに家庭用エアコンの空気を流し込みます。

家中が快適に暮らせるポイントの一つです。

基礎の中にはチャコペイントという炭の塗料を塗ります。
コンクリートの匂いが軽減され、マイナスイオンを発生させます。

朝から、白木が塗布してきました。熱中症になりかけました(笑)
夕方に施工すれば良かったかも~。

炭の塗料を塗ることで、コンクリートの粉塵も発生しなくなります。
基礎の中の環境も整えるのがポイントです。

基礎外断熱の家 三重県みのや

基礎外断熱の家 三重県みのや

チャコペイント 炭の家 三重県みのや

チャコペイント 炭の家 三重県みのや

チャコペイント 炭の家 三重県みのや 白木

住宅のメンテナンス・コスト、ランニング・コストについて考えたことありますか 三重県みのや

家庭用エアコン1台で快適に暮らせる自然素材の家 三重県みのや白木です。

新築住宅に住み始めたら、メンテナンスの費用、ランニングコスト(光熱費)が
いくらくらい必要なのかご存知でしょうか

外壁がサイデイングの場合は、10年ごとに再塗装が必要になります。
防水性能が落ちるのとコーキングが切れるからです。
費用は150万円~200万円。これが10年ごと必要となります。

必需品のエアコンなどの家電製品は10年から15年で交換。
一台10万円として4台で40万円。 

毎月の光熱費は、断熱材、窓ガラスの性能によって変わります。
そういうことを検討されていないローコストの家の場合は数万円毎月必要となるでしょう。

予想される光熱費は計算で予想できます。高性能住宅は低く抑えられます。

建物本体価格がローコストだとしても、40年単位で計算すると、高性能住宅のほうが
低く収まるケースになります。

毎日快適に暮らせて、メンテナンスコスト・ランニングコストが低い快適な家が
お勧めの理由です。 建築する前に比較検討することが大切です。

フィナンシャルプランで住宅ローンをいくら借りて返済が大丈夫なのか
知っておく必要もあります。 繰り上げ返済の考え方
住宅ローンの考え方、保険の見直し、これらは、必須の確認事項です。

ご来店いただければ、説明させていただきます。
失敗のない住宅計画の情報を知るべきです。
お手伝いさせていただきます!

自然素材の家 三重県みのや