日本の家造りの問題は間違った断熱材を使用していること

自然派住宅 みのや白木です。 

日本の家造りの問題点は断熱材です。

高温多湿な日本で調湿作用のない断熱材が採用されています。
ここが一番の問題です。

そして断熱されているのか疑問な社会問題も発生しています。

それはヒートショックにより年間1.7万人もの方が
お亡くなりになっています。

家の中の温度差が原因で倒れられるのです。

未遂も含めると数十万人の方がヒートショックにより
健康を害されている事実。

過去に家造りに携わった大手建築業界の問題だと思います。

アメリカで一番普及している断熱材は調湿効果があります。
セルロースファイバーです。

土壁のように呼吸しますので是非採用していただきたい
断熱材です。

30坪の家でグラスウールの施工コストは15万円前後です。


セルロースファイバーは60万円~と3倍の高コストですが、


毎日のランニングコスト、体感の良さなど比べ物になりません。

グラスウール家一軒分の重さはぜいぜい50キロ、


セルロースファイバーは1200キロ使用します。

重さの15%ほどの調湿効果がありますので
約ドラム缶1本分の調湿効果があります。

結露は家の病気です。  

なんでセルロースファイバーを採用しないのか不思議です!

また同じセルロースファイバーでもアメリカの
インサイドPCが安全性が一番と評判です。
世界53国に流通している優れものです。

ヒートショック