断熱材が家造りの命

自然派住宅 みのや白木です。

セルロースファイバー断熱材は日本の土壁と同じく
調湿作用がある断熱材です。他の石油化学製品の
断熱材は調湿作用がありません。

壁の中が結露する日本の家造りでは、壁内結露が
原因で壁内が腐朽します。

そしてカビ・ダニが発生した結果シックハウスという

アレルギー問題になっている現実です。

そんなことが解っているのに未だに調湿性のない
断熱材をなぜ使用しているのか、、、、





本当のところはなんでしょうか、、、

それはコストが低く施工できることが一番です。

2000万円くらいで購入する家の断熱材に
15万円~30万円ほどしか予算をかけていない家と
60万円~80万円かけて断熱した家とどちらがいいでしょうか。

結果ヒートショックで1.7万人もお亡くなりになっている事実。
未遂含めると数十万人の方が温度差のある家のせいで
病気になられています。



家造りで一番大切なこと。健康で快適に暮らせる

家造りを基本として考えてみませんか。

健康で快適に 暮らせる家

自然派住宅 みのや白木です。 

 気持ちの良い日曜日の朝ですね。

家づくりをお考えの多くの方に
来店ご相談させていただいています。

消費税増税と住宅ローンの低金利の今、
たしかにマイホーム建築の良いタイミングだと考えます。



そんな中で家づくりのポイントは、健康で快適に
暮らせる家づくりです。

そのためのポイントは、呼吸する家であること。
湿気をコントロールできる構造の家づくりが大切です。


壁内の湿気対策がなされていないと結露が発生して
壁内が腐朽します。カビの発生、ダニの発生で
シックハウスになってしまいます。


健康に暮らせないわけですね。この状態は家が病気状態。


どうしたらよいのか、昔は土壁で湿気をコントロールしていました。


今はグラスウール・発泡ウレタン(調湿作用はありません。)
将来解体の際には産業廃棄物としてすべて発泡ウレタンを
剥がさなくてはいけません。



みのやでは断熱材にこだわります。調湿する断熱材
「セルロースファイバー」を採用しています。

その中でもアメリカのインサイドPCを採用しています。
使用されているホウ酸の安全性が高い製品だからです。
セルロースファイバーはリサイクルできます。


断熱材のこだわりで夏涼しく、冬暖かく、ランニングコストが
低く暮らせる家造りが実現されます。

もちろん健康で快適に家族が暮らせます。

こんな家づくり いかがでしょうか~。